「Waypoints~分岐点・そこにある出逢い~」は Waypoints.jpでのオフィシャルなカウントダウンがついに始まりました!

「Waypoints」は、私達の初めての漫画プロジェクトの名前です。Waypointという英単語は、一般的にはGPSなどで使われる単語で、現在どこに向かっているかの理解を助ける参照ポイントとなる地点を表す言葉です。では、このプロジェクトの名前にはどんな意味が込められているのでしょうか?まず、私達のドローブリッジ・クリエーションズのビジョンについて改めて説明させてください。そうすれば、この初めての漫画プロジェクトがどのようにそのビジョンにフィットしているかをお分かりいただけるでしょう。

漫画は、日本では、巨大で影響力があるユニークなポップカルチャーの一部です。日本で一週間に購入される漫画数が、アメリカで一年間に購入される数より多い、というほどに漫画は日本で人気があります。日本はまた、90 %以上の人がインターネットを利用し、大学生の約99%がスマートフォンを持っており、ネット回線が最も普及している国の一つでもあります。一方で、日本では99%の人がノンクリスチャンです。

ドローブリッジ・クリエーションズは、オンライン漫画を用いた伝道ミニストリーです。教会につながっていない人へ伝道し、日本の教会に伝道のための材料を提供し、クリスチャン漫画家の活動を励ますという、三つの目的を持っています。教会と一般社会の間にあるギャップ、 イエス様と日本の間にあるギャップを埋めていくことを目指しています。

具体的には、ウェブコミックの形態を用いて、インターネット上で無料で読める連載マンガを発信し、その後、本を出版する予定です。成功すれば、もっと複数の漫画連載や様々なメディア発信をするような大きいミニストリーになる可能性があると考えています。ですが、夢は大きくてもまずは小さいところから、一話完結型のシリーズ「Waypoints」を始めていきます。

「Waypoints」は短いストーリーを集めた短編漫画シリーズです。その短いストーリーはどれも、聖書の福音書に書かれているイエス様についての話を元にしていて、イエス様に出会って人生が変えられた、様々な人達の視点を通した話となっています。

このシリーズの焦点は、イエス様がいかに人々の人生を変えられるかということを、シンプルかつ創造的に示すことにあります。教育的な内容に焦点を合わせているわけではありませんし、イエス様がどのような生涯を送られたかということにさえも、焦点を合わせてはいません。福音書のストーリーに登場する普通の人々に焦点を合わせることによって、読者が「自分にも関係あるな」と感じられるストーリーを伝えて、イエス様のことを知りたいと読者が感じるように興味を刺激するのです。

また、このシリーズには、複数の作者やアーティストが関わっています。様々なバックグラウンドを持つクリエイティヴなクリスチャンとして、アーティストや作者それぞれが、独自の視点をこのプロジェクトにもたらします。

「Waypoints」の初めに登場する漫画の数々は、Robin WhiteとWGM宣教師である Zach Motts がシナリオを書き、漫画家のあずみ椋、向日蒔人、ましう、Youmin Park、Ian Lammi、そしてRobin Whiteがイラストを描いています。

登場人物・創作者の両面でイエス様を色々な視点から見ていく時、読者が心を開き、新鮮かつ新しい視点で、自分自身を、人生を、信仰を、そしてもちろんイエス様ご自身を、見ることができるよう、神様が私達を用いていってくださいますように、ということが私達の望みであり祈りです。最終的には、読者がこのシリーズの登場人物達のように、キリストと人生の途上で出逢う機会があることを願っています。

どうかお祈りください