今日は私達のビジョンステートメントを説明したいと思いますが、WHAT(何)、そしてWHY(何故)よりも、HOW(どのように)に焦点を当てます。ここで私達のビジョンステートメントをもう一度、見てみましょう。

「ドローブリッジクリエーションズは、オンライン漫画を用いた伝道ミニストリーです。教会につながっていない人へ伝道し、日本の教会に伝道のための材料を提供し、クリスチャン漫画家の活動を励ますという、三つの目的を持っています。教会と一般社会の間にあるギャップ、イエス様と日本の間にあるギャップを埋めていくことを目指しています。」


何(WHAT)をするのか知りたいならば、それは最初の文章に書かれています。このミニストリーはデジタルアウトリーチであり、その大きな魅力は漫画です。

次に、何故(WHY)について触れましょう。ビジョンステートメントの最後に書かれていることから説明します。ご存知だと思いますが、日本ではたった1%程度の人だけがクリスチャンなので、教会と文化の間にはかなり大きなギャップがあります。そして、ほとんどの人と福音の間にもかなり大きなギャップがあります。このミニストリーを行う理由は、そのギャップの橋渡しをすることです。

ではこのギャップをどのように(HOW)橋渡するのかを表す、ビジョンステートメントにある三つの目的を説明していきます。

1. 教会につながっていない人へ伝道する

このミニストリーの大きなポイントは、日本で人気のある漫画を用いて、インターネットを通して教会につながっていない人に、直接的に福音を伝えることができるということです。私達はもちろん、福音を聞く機会がこれまでなかった人達に、福音を分かち合いたいと思っていますし、教会に繋がっていない人々を地域教会へつなげたいと思っています。キリスト教が外国のものではなくて、日本人にもっと親しみがあって、日本人に受け入れられるものであってほしいと思います。もっと多くの日本人がイエス様の弟子となることを見たいのです。

しかし、この方法にも限界があるので、この一番目の目的だけでは近視眼的です。ですから、私達のビジョンには三つの柱があります。一つの柱だけでは長くはもたないでしょう。ここで二本目の柱の出番です。

2. 日本の教会に伝道のための材料を提供する

教会につながっていない人たちに直接的に伝道することに加えて、日本の教会が伝道することを助けたいとも考えています。ですから、教会に伝道材料となるものを提供したいと考えています。

このミニストリーの大きいところはやはり、オンラインであることです。どの教会も教会HPやFBで、私達の漫画サイトのリンクを紹介できます。しかし、このミニストリーが印刷物を出版できるようになれば、教会が地域の人や教会を訪れるゲストに手渡しできる、伝道用の印刷物を提供できるようになります。

また展示会やワークショップ、芸術関連の対面型の伝道イベントなどを、地域教会と協力して行う可能性も考えています。多くの日本の教会は、地域の人々に伝道するための創造的な方法を見つけることに苦労しています。ロビンは以前にクリスチャンのアート展示会に参加しました。教会とその周りの地域の架け橋となるために、クリスチャンアーティストが集まることを見るのはとてもワクワクすることです。

3. クリスチャンアーティストの活動を励ます

三番目の柱はこのビジョンの中でも、かなり楽しみにしている柱です。日本には、ただの娯楽としてだけではなく、芸術の一つの形として、また職業として、漫画に興味をもっている若者が沢山います。また、主のためにその才能を用いたいと願っているけれども、どこから始めたらよいか分からない若いクリスチャンアーティストもいます。もし、このミニストリーが若いクリスチャンアーティストを刺激し、ミニスリーへ参加する機会を提供することで彼らを励ませるならば、それは、とてもワクワクする長期的な投資になると思います。

ケリー・篠沢さんはプロのクリスチャン漫画家として有名な方です。ロビンがDrawbridgeを夢見ていた最初のころ、そのビジョンを彼女に話しました。ビジョンの中でもこの三番目の柱が彼女を興奮させました。なぜなら彼女は、漫画家志望の若者から、フリーで活動しているアーティストとしては応えきれない内容の質問、アドバイス、機会、メンタリングについてのリクエストを受けるからです。若いクリスチャンアーティストを訓練し育て上げるこの種のミニストリーのニーズは、本当に大きいと言ってくれました。

その可能性を想像できますか?たとえDrawbridgeが長く続かないとしても、もしこのミニストリーの一つのストーリーのイラストを担当する機会を通して、例えば五人の若い漫画家が刺激を受けて、漫画家としてのキャリアを築くよう励まされたらどうなるでしょう?私達の作品の影響力がたとえ小さいものだとしても、こうした五人のアーティストが将来、どんなものを生み出し、どんな影響力をもたらしていくでしょうか?彼らが必要としていることが、メンターをしてくれたりチャンスをくれる人の存在だけだとしたらどうでしょう?もしドローブリッジが成功して長期ミニストリーとなるならば、その影響力はどんどん大きくなっていくかもしれません。

こうした多くの可能性が存在しますが、実際的なこのミニストリーのスタートはまだこれからです。そして、これらは、自分達だけではとてもできないことです。創作への協力も技術に精通している人材も必要ですし、お金もさらに多くの祈りも必要です。

もしこのビジョンがあなたの心に響くならば、どうかお祈りください。そして、どのようにこのミニストリーに参加できるのかを考えてみてください。