イアン・ラッミ(Ian Lammi)は アメリカ出身で2019年から日本に住んでいます。アメリカ国外で育つ中で漫画に出逢い、夢中になりました。次第に自分でも絵を描いたりストーリーを書くようになり、漫画の制作を追求し始めました。

23歳の時にYWAM(Youth With A mission) の宣教師になり、台湾で宣教師トレーニングを受ける間、YWAMの宣教のための漫画・アニメーションを教える学校で学びました。この期間に彼は神から日本へ行く時だとの召しを受け取りました。アメリカでの準備期間には、The Frontier Comic Seminaryと呼ばれるYWAMの新しい神学校の設立を手伝いました。その後、イエス様を知らない人達のための漫画制作という目標に向かって続けて進みながら、YWAM 高槻で働くために大阪に移住しました。

影響を受けたアーティストは、鳥山明、小畑健、Bill Waterson, Skottie Young, Cam Kendell, Byan Lee O’Malleyです。 https://www.instagram.com/artful_thinking/ でイアンの作品を閲覧できます。どうぞご覧ください。

これでアーティストの紹介シリーズは、今のところはですが、おしまいです。 waypoints.jp で掲載される漫画連載は、2022年初めまでがシーズン1となります。そのシーズン1となる漫画を描いているのは、ここまで紹介した6人の漫画家となります。

 近い将来にはもっと沢山のアーティストを紹介できることを願っています。どうぞドローブリッジ・クリエーションズがさらに前進できるようお祈りください。また、資金面で貢献してくださることをどうぞご検討ください。より多くの資金が与えられるならば、ますます教会につながっていない人々への架け橋となる漫画をより多く制作し、ますます多くのクリスチャンアーティストの活動を励ますことができるでしょう。