Waypointsアーティスト4:ユーミン•パーク

ユーミン•パーク (Youmin Park)は韓国生まれですが、高校・大学時代の10年ほど南アフリカに住んでいました。南アフリカのプレストリア大学で学び、情報デザインの学士を取得しました。漫画家やイラストレーター になることを夢見ていて、英語の漫画単行本等に加え、複数のイラスト・デザインの委託をフリーランスとして手掛けてきました。南アフリカにおける多様性文化の経験に加え、10代の頃より日本の漫画とアメリカン・コミックから多くのインスピレーションを得てきたため、そのスタイルにはアジアと西欧の影響が溶け込んでいます。...

Waypointsアーティスト3:向日蒔人

オンライン漫画シリーズWaypointsの漫画を共同制作をしている一人のアーティストを今回も紹介します。  向日蒔人は日本人で、専門学校でアニメーションを学んだ経験が有ります。押井守監督の作品など、日本の古いアニメ作品を好んでいて、昔のアニメ映画などを作画の参考にしています。聖書のストーリーを漫画にしたいというビジョンを持っていて、今回その願いが叶おうとしています。趣味は読書で無類のコーヒー好きでもあります。...

Waypointsアーティスト2:あずみ椋

あずみ椋は東京都出身の日本人です。デザイン学校でアニメーションを学んだのちマンガ家として活動を開始しました。商業誌に作品を発表するかたわら同人誌活動も継続しています。古代北欧史や神話、ファンタジーなどに題材を得た作品を多く制作しています。 代表作は「緋色い剣(あかいつるぎ)」「ニーベルングの指環」「ミステリオン」「旧約聖書Ⅰ・創世」「新約聖書Ⅲ・黙示録」などです。現在ほとんどの作品がKindleなどの電子書籍で購入可能です。...

Waypointsアーティスト1:ロビン•A•ホワイト

私達の初めての漫画プロジェクトであるWaypointsのために、ドローブリッジ・クリエーションズと共同制作に取り組んでいるアーティストを、しばらくの間、このブログで紹介していきたいと思います。今回がその第一回目です。ご覧の通り、Waypointsのイラストを担当するアーティストは、バックグラウンドも経験のレベルも様々で、その芸術的なスタイルにも幅広い多様性があります。では、第一弾と第二弾の漫画に携わる二人のアーティストを紹介します。...

伝道材料としてのWaypoints

何年にも渡る夢・祈り・準備を経て、2021年8月13日に初めての漫画シリーズWaypointsがスタートしたことをもって、ドローブリッジ・クリエーションズのミニストリーは正式に開始しました。神様がこの地点まで導いてくださったことを感謝していますし、ここまでの道のりを支え、お祈りしてくださった神の民である人々に感謝しています。...

いよいよスタート!

主をほめたたえます!ドローブリッジ・クリエーションズは、ついに、オンライン漫画アウトリーチミニストリーをオフィシャルに開始します! 最初のプロジェクトであるWaypointsをご覧いただけるようになりました!最初の漫画ストーリー「一人じゃない」をwaypoints.jp からお読みください。...